まつげ美容液で「絶対伸びる」ってあるの?可能性が高いのがコレ!

 

絶対に伸びる!確実性の高いまつげ美容液ってあるのでしょうか?

 

まつ毛美容液って商品数も多い上に、口コミや評価を見てもバラバラで、選ぶのに苦労しますよね。

 

ここでは、

 

まつげ美容液に「絶対」はありえるのか?

 

医薬品なら効果絶大!?

 

本当のおすすめできるまつ毛美容液が知りたい

 

こんな疑問について書いています。

 

 

「絶対伸びる」はやっぱりない...

 

まず結論から言ってしまうと、「絶対伸びる」まつ毛美容液はやっぱりありません。どんなに商品が優秀でも、個人差があるので仕方ないですよね。

 

でも、使用するのは同じ人間。まつ毛が伸びる可能性が高いのが以下です。

 

 

医薬品なら伸びる可能性は高い!

ルミガン

 

まずは誰もが効果が高いと思うであろう医薬品のまつげ美容液について解説します。

 

まつ毛貧毛症という疾患に使われる、「ルミガン」という医薬品のまつげ美容液があります。このルミガンは元々は緑内障の治療薬で、その副作用としてまつげが伸びてしまうことから、まつ毛の貧毛の方への利用が始まりました。

 

このルミガンは効果が高く、医学的に効果が認められています。その効果は、全体の80%以上の人が使用から16週間(4ヶ月弱)で変化が現れたという報告があります。

 

なので、使えば80%以上、まつ毛は生えてくる美容液(育毛剤)になります。

 

欲しい人は、保険適応外になりますが、3mlで1万円程度で手に入れることができますよ。

 

グラッシュビスタ

 

ルミガンは副作用を利用したまつ毛育毛方法でしたが、今では「グラッシュビスタ」というまつ毛育毛専用の薬が日本でも認可されて処方されています。

 

こちらも有効成分はルミガンと同じなので、使えば80%以上、まつ毛が伸びる美容液です。

 

欲しい人は、こちらも保険適応外になりますが、5mlで1万円〜1.5万円ほどで手に入れることができます。

 

効果が高いけど副作用も注意

医薬品の効果が認められているものを紹介しましたが、これらはあくまで医薬品なので、取扱には注意が必要です。効果が高い裏には必ず副作用も存在します。

 

副作用については別ページで説明しますが、簡単にいうと

  1. 目の炎症、充血、かゆみ
  2. まぶたのはれ、赤み
  3. 色素沈着
  4. 眼圧低下
  5. 眼瞼溝深化

これらです。
下へいくほど重症で、眼圧低下と眼瞼溝深化は医薬品特有の副作用になります。

 

まつげ美容液で「絶対伸びる」ってあるの?可能性が高いのがコレ!

 

眼瞼溝深化は目の周りの骨に合わせてまぶたがくぼんでしまう症状です。これは直す方法もわかっておらず怖いので、安易に医薬品のまつ毛美容液に手を出すにはやめて、専門医などに相談した上で利用しましょう。

 

 

ネットでもよく見るまつ毛美容液はどうなの?

 

 

ネットや SNS で人気が出ているまつげ美容液も、確かに効果は確認できています。医薬品のまつ毛美容液との差は、国が認めているかどうかです。

 

公的には認めてないけど、実は効果がある美容液が、雑誌やネットで人気のまつげ美容液です。
これらは医薬品のような強い効果はなく、ゆるやかに効いていくため、副作用がほとんどないのが特徴です。

 

ただ、効果がゆるやか とはいいながら、1ヶ月〜2ヶ月で効果がわかるという方はとっても多いです。(参考:まつ毛美容液の効果はいつ出るの?使用期間別で口コミをまとめ

 

安全かつ効果も高く、金額的にも安いので、マツ育初心者の方にもおすすめです。

 

まつ毛美容液のおすすめはこちらもチェックしてみてくださいね。

 

 

 

まとめ

 

まとめると、

  • 絶対伸びるまつ毛美容液はない
  • 医薬品なら80%以上が効果を望める
  • 医薬品まつ毛美容液は副作用も確認する
  • ネットで人気のまつ毛美容液は安全度が高く効果に期待できるものも

です。

 

まつ毛美容液を利用して高い確率でまつげが伸びたら、パッチリ目元が手に入るし、アイメイクが控えめになって時短にもなりますね。 マツエクなど、ぱっと華やかになるアイテムもいいですが、なんといっても多くの女性が目指すのはナチュラル美。自前のまつ毛を育てていきたいですね♡

 

まつ毛美容液にちょっと詳しい私のおすすめまつ毛美容液と、失敗しない選び方もぜひチェックしてみてくださいね。