市販やプチプラのまつげ美容液の効果が遅い、たった1つの理由!

 

薬局やドラッグストアで売られている市販のまつげ美容液や、プチプラのまつげ美容液の効果はどうなんでしょうか?

 

手軽に安くマツ育ができたらいいですよね。

 

プチプラのまつげ美容液ってどうなの?

 

安すぎるまつ毛美容液はちょっと不安

 

ネットで人気の美容液はなぜ高い?

 

こんな疑問はここで解決できますよ。

 

 

効果はないことはないけれど...

まず結論から書いておくと、効果はないことはないけど、実感できるのは遅いです。
その理由は成分を見れば明らかです。

 

化粧品では、配合比率順に記載することが定められているので、各成分の量がどれくらい入っているのかがざっくりとわかります。

 

有名なプチプラまつ毛美容液の成分

こちらはプチプラで有名なある商品の成分表記です。

水、BG、アロエベラ液汁、フェノキシエタノール、カルボマー、AMP、キサンタンガム、アラントイン、センブリエキス、プラセンタエキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、コンフリー葉エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、オリーブ葉エキス、オタネニンジン根エキス

 

フェノキシエタノールは防腐剤、赤字のセンブリエキスオタネニンジン根エキスは育毛成分です。

 

ネットで人気のまつ毛美容液の成分

一方、ネットで人気の効果が高いまつ毛美容液がこちら

水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール 、ビオチノイルトリペプチド1アカツメクサ花エキス、カラパグアイアネンシス種子油、ツバキ種子油、アルガニアスピノサ核油、バオバブ種子油、スクレロカリアビレア種子油、シロキクラゲ多糖体、クランベリー種子油、プルケネチアボルビリス種子油、カミツレ花エキス、ラベンダー花エキス、カニナバラ果実エキス、セージ葉エキス、ローズマリー葉エキス、ハチミツ、アセチルテトラペプチド−3、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、イラクサ葉エキス、パンテノール、カルボマー、キサンタンガム、水酸化Na、デキストラン、フェノキシエタノール

 

ここで参考になるのが、「フェノキシエタノール」の記載順です。

 

フェノキシエタノールは、法律で0.1〜1%以下と配合しても良い量が決まっています。

 

なので、プチプラのまつ毛美容液の育毛成分は0.1〜1%以下よりもかなり少ない量(つまりほとんど入っていない)、

 

そしてネットで効果が高いと人気の商品は育毛や美容成分をメインとして作られているということですね。

 

成分でこれだけの違いがあるため、効果に違いが出るのは自然なことです。

 

実際にプチプラ商品でも効果があったという方もいるので、プチプラのまつ毛美容液を否定するものではないですが、安いものには安い理由があるということですね。

 

 

まとめ

市販やプチプラのまつげ美容液の効果が遅い、たった1つの理由!

 

まつげ美容液の効果を知るのに、口コミも参考になりますが、記載してある成分を見るのも一つの方法です。気になったまつげ美容液があればその成分をじっくり見て検討してみましょう。

 

例で出したネットで人気の効果が高いまつ毛美容液は、こちらに載せています。他にもおすすめはあるので、ぜひ参考にしてみてください。